INSIGHT225

株式運用と日経平均先物の活用

日経平均先物(Nikkei225)とは

日経先物は日経平均株価を対象とした取引です。

 

最近では資産運用にもよく活用されているものでもあります。

取引の種類は買と売だけのいたってシンプルな取引です。

どちらかで取引に入り、そして反対売買を行うことにより決済するのです。

取引の単位は1000単位のラージと100単位のminiがあります

 

例えば、22,000円で買い22200円で返済売り決済をした場合、

(22200-22000)×100単位=20000円

これに手数料を引いたものが利益になります。

手数料は取引をする証券会社により異なるのですが、概ね、片道40円から50円程度なので往復で100円程度です。

手数料が100円だとすれば、19900円ほどの利益となります。

 

 

ラージとミニのどちらがいいかということですが、ミニをお勧めします。

・資金が10分の1ですむこと。

・5円刻みのため、流動性が高いことが挙げられます。

ただし、あくまでも市場はラージを主体に動いており、これにさや寄せする形が見受けられます。たとえば、取引開始前の寄り付きの板、取引終了間際の板を見てください。ミニとラージでは気配値が大きく異なることがあります。しかし、寄り付きの結果を見れば、ラージの通りになっていることが大半です。

 

株のように、銘柄を選ぶ必要もないし、売り買いの2通りのパターンしかありません。

とてもシンプルですし、確率通りに行けば、手数料分のマイナスを除けば、ほぼトントンとなるはずなのですが、そうはなりません。

ほとんどの人は負けていきます。

不思議ですが、これには理由があるのです。

この理由がわかれば、勝率は上がるはずです。