INSIGHT225

株式運用と日経平均先物の活用

【鉄則】とにもかくにも損切りは大事

損切りを徹底していますか?

相場に参加するにあたって、最も気を付けなければならないことは何でしょう。

粘りと根性ではありません。

損切りです。

相場歴が本当に長い人は、それが身についていて、勝手にできているのかもしれません。

また、大きくマイナスを抱えてしまった方は心当たりがあるのではないでしょうか。

「あの時損切りしておけばよかった」

 

なぜ、損切りは何が大事なのでしょうか。

理由は一つです。

資産を守ることです。

そしてそれに付随して、機会損失を防ぐ事ができるのです。

 

 

当然のことながら、負けにより資金が減るとその分、投資できる金額が減少していきます。

ここで、大きく損失を出してしまうと、5枚買えたものが4枚になり、3枚になり、最終的には参加できるだけの資金がなくなり、市場から退場ということになります。

現物株などではそのまま持つ(いわゆる塩漬け株)という選択肢もありますし、それを担保に信用取引なども可能ではあります。

ところが、信用取引や日経先物等で、時間的な制約とレバレッジをかけた中でのトレードでは、見切りは重要です。用意している資金以上にマイナスになる場合もあります。

そうなると、相場から退場、そして、復帰には時間がかかるでしょう。

 

トレード日記が役に立つ

自分のお金がリアルに減るので、損失確定はつらいものですが、損失が拡大し、傷口が広がる前に、早めに手じまいすることも重要なのです。

 

もしも、どうしてもできずにずるずる下がってしまう人は自分のトレード日記をつけてみてください。

トレード日記は、単純な値動きや相場環境だけではなく、その時の自分の気持ちを書いておくことをお勧めします。特に、指値や逆指値の変更と、約定のこと。

負けが込んでいるときは、だいたい以下の状況になるでしょう。

・逆に行っているときは、読みが外れている事が多い。

・粘っていても、ある段階からあきらめが入り、やたらと離れた逆指値に変更→約定後、そこで反転。

これが結構頭にくると思います。

 

でも、これには、理由があり、

「負けている方があきらめる価格帯は、勝っている方も利益確定を考え始める価格帯」なのです。だから反転することが多いです。

まだ粘れると思う前に、逆にいったら、すぐにあきらめるのも得策なのです。

 

機会損失ももったいない

前述のケースほどはぎりぎりでトレードをしているわけではなく、ある程度資金に余裕があり、負け玉を、いつか戻るだろうとずっと持ったままにしているケースもあると思います。損失を確定すると少額でも資金が減ってしまうので、それが嫌で、いつか戻るだろうとずっと持ちっぱなしにするのです。

余裕があれば、それは構いませんが、その間は、資金が拘束されているため、トレードとしては何もできません。場合によっては、大きな機会損失をしている事もあります。

 

どう考えるのがいいのか?

株式相場への取り組み方については、性格的な問題もあると思いますが、

一つの例として、

まず、逆に行った時にどうするのか?という視点で、損失の管理(損を出した時の取り組み方)を考えてから相場に参加した方がうまくいくと思われます。

強力な情報でも持っていない限り、通常は上げるも下げるも五分五分ですが、手数料分は間違いなくマイナスだからです。

 

ポジションを持たない状態が一番強いと思ってください。

いつでも市場に参加できるのですから。

 

 

こんな感じで、経験上、知っていた方がいいことを不定期で投稿すると思いますので、お時間あったら読んで頂けると幸いです。

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。