INSIGHT225

個別株式と日経平均株価の予想

現在の株式ポジション(2019年11月24日)

不定期更新の株式ポジションでしたが、最近の相場の挙動を見ると、あまり放置すると手痛い目に合いそうなので、週間程度に見ておこうと思います。

先週末からの比較です。

 

株は現物保有。

  •  耐える
  •  我慢する
  •  忘れる

これが鉄則。

 

○信用の建玉:売り買い共に無し

○現物:あり 

コード 名称 取引値 損益 保有数 先週比
6701 NEC 4,485 35.91% 100 3.33%
4503 アステラス 1,840 22.23% 500 2.26%
4507 塩野義製薬 6,398 5.75% 100 1.80%
8306 MUFG 572.7 -10.52% 200 -1.54%
6954 ファナック 20,610 15.53% 100 -2.83%
  合計   16.23%   -0.37%

 

保有数と損益率だけ示します。

 

先週と比較し、合計で-0.37%。

AI先導のNECが伸びれば伸びるほど、銀行の仕事が削られていくような気がしてきました。

MUFG切った方がいいのかな。

 

ここで、下記のグラフは、グロスの多い日経平均構成銘柄を対象として、セクターごとに、始値よりも終値が下げた場合は売り(-:資金流出)、上げた場合は買い(+:資金流入)と想定して、売買代金の流れを概算で可視化したものです。

 

先週は流れが変わってきたようで、技術セクターより資本財や消費セクターに買いが集まっていた印象。

f:id:nmory:20191124122259p:plain

セクター別の売買の流れ

これが転換すると、日経平均的にはしばらく下げることも想定しなければならない。

そうなると、ファナック売り、ディフェンシブな製薬はホールド(製薬は当然のことながら、技術セクターなんですけどね)という流れ。

おそらくファナックは配当がいいのでそのままでしょうが。

 

現在は明らかに、アメリカ発の過剰流動している相場。

正常な相場に戻ったらいくらになるのか?という視点で考えていく必要もありますね。

 

そろそろ入れ替えも検討。今回は継続保有。 

 

前回

現在の株式ポジション(2019年11月17日) - INSIGHT225

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。