INSIGHT225

株式運用と日経平均先物の活用

日経平均先物取引について(日経225先物)

このブログでこれから取り上げる日経平均先物は日経平均株価を対象とした取引です。

日経225先物といった方が一般的ですね。

最近では資産運用にもよく活用されているものでもあります。

取引の種類は買と売だけのいたってシンプルな取引です。

 

買いか売りのどちらかで取引に入り、そしてその建てた玉の反対売買を行うことにより決済して取引が終了します。

SQまで持ち込んで決済するケースもありますが、おそらく少ないでしょう。

この場合は税金の取り扱いも少し異なり場合があります。

 

例えば、

日経先物mini1枚で

22,000円で買いで入り、

22,200円で返済売り決済をした場合

(22,200-22,000)×100単位=20,000円

これに手数料を引いたものが利益になります。

手数料は取引をする証券会社により異なるのですが、概ね、片道40円から50円程度なので往復では80~100円程度です。

(手数料には、往復の各々に消費税がかかるので、84~108円程度です)

手数料が100円だとすれば、約19,900円ほどの利益となります。

 

取引の単位は1000単位のラージと100単位のminiがあります。

ラージとミニのどちらがいいかということですが、ミニをお勧めします。

理由は以下の通りです。
・資金が10分の1ですむこと。

 →少額でも可能

・5円刻みのため、流動性が高いことが挙げられます。

 →約定しやすい。

 

ただし、あくまでも市場はラージを主体に動いており、これにさや寄せする動きがよく見受けられます。

たとえば、取引開始前の寄り付きの板、取引終了間際の板等はその傾向が顕著です。

ミニとラージでは気配値が大きく異なることがあるのですが、寄り付きや大引けの結果を見れば、ラージの通りになっていることが大半です。

 

株のように、銘柄を選ぶ必要もないし、売り買いの2通りのパターンしかありません。

とてもシンプルですし、確率通りにしたがえば、手数料分のマイナスを除けば、ほぼトントンとなるはずです。ところが、そうはなりません。

なぜか、ほとんどの人は負けていきます。

不思議ですが、これには理由があるのです。

ただし、この理由がわかれば、勝率は上がるはずです。

もしこれらの取引に参加をするのならば、以下のことは頭に入れておいた方がいいでしょう。


・深追いはけがのもと

・強欲は利益が逃げる

・損切りは早めに

・手じまいしたトレードを引きずらない。

 

これ鉄則!

またおいおい説明しますね。

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。