株のメモ帳

個別株式と日経平均株価のメモ

新型コロナウイルスと株式市場に関連する先週の時系列まとめ(3月第2週)

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する先週の動きをおさらいします。

 

3/11(日本時間)

・地方自治体への財政支援に言及

・学校再開時期を延長

・中国で主要な工場の再開を開始→ホンダの武漢工場も再開

・センバツ高校野球の開催中止

・1ドル105円台

・イタリア全土で移動制限

・このころ、メルケルが70%感染するかもなんてことも言っていて、欧州がさらに混乱。

・ニューヨークに続き、首都ワシントンで緊急事態宣言

・結果、またまたダウ大幅下落1464ドル安

・日本の企業の景況感指数が大企業でマイナス10.1と大幅低下。5年9か月ぶりの低い水準。まだたったの2か月だろうに。

・トランプの演説不発。一瞬大きく上げ、また大幅下落。とばっちりの日経大幅下落1003円安。しかし、アメリカの取引時間内に言わないから、だいたい想定できた人も結構いる模様。(今後の参考に)

 

3/12(日本時間)

・WHOがパンデミック認める。遅いよ。

・ドル円一時103円台に

・緊急事態特措法は13日に可決で合意

・このころ、トランプ大統領の演説で経済対策の内容不十分と、欧州からの入国停止措置でダウ先物はサーキットブレーカー。あらら。

・そして欧州の中央銀行も利下げ見送り。おい、お前らアメリカ頼みなんかよ。

 

3/13(日本時間)

・政府が中小企業に無利子無担保融資を17日から行うとのこと。これはいい対応。

・FRBが600億ドルの国債買い入れ、5000億ドルのオペ。桁違いやね。

・トランプと面会したブラジル高官が新型コロナに感染。おいおい。

・フランス全土で学校休校。これも遅い。

・アメリカ、ダウ平均2352ドル安。トランプノミクスがチャラになっちゃうじゃん。

・結局、FRBも短期金融市場に2日間で1兆5000億ドルの資金供給。日銀と桁が二つ違う。

・東京市場一時1800円安

・日銀5000億円を市場に供給。なんかしょぼい。

 

3/14(日本時間)

・アメリカ、ダウ平均は過去最大の1985ドル高。FRB砲効いている?

トランプがウイルス検査受けるってさ。(ブラジル高官がらみ)

・法案が通った日本では、まだ非常事態宣言は出さず。安倍総理は新しいことしたがるから、すぐ発令するかと思って、びくびくしたが、このまま出さない状況を望みたい

・マスク転売禁止

・ギリシャで聖火リレー中止

・アメリカ国家非常事態を宣言

・安倍総理、所得の大きな減少者への手当ての検討を表明。これ大事、ただし悪用されない法整備しよう。

・中国がアメリカが持ち込んだとか言い出す。

・武漢ウイルスと呼ぶべきでは議論

 

3/15(日本時間)

トランプ陰性!よかった。こんな状況で経済終わるよ。

 ・CNNも武漢ウイルスと報じ始める。

 

 

というような感じで先週もいろいろありました。

この間、ちょいちょい、各国で初の死者のニュースが多々ありました。犠牲者はかわいそうだけれど、しようがないところもあります。

その多くはお年寄り。多分、誤嚥性肺炎や風邪もあるのかもしれません。

 

困ったのは、IOCも日銀も注視ばかり。

注視って言った瞬間に下げるからね。

 

また、この週は労使交渉の中断やベア0等の回答も多く、国内の経済的な先行きがとても心配になるようなニュースも多々ありました。

 

それと、ダウも日経もボラがヤバすぎる

見とくのが吉。

そんな週でした。

 

ちなみに株はマスク=繊維だ、と手を出すとやけどをする可能性があるので注意

マスクはこれから潤沢に出回るはずであるし、気温も暖かく(熱く)なるので、マスクの需要が低減されるかもしれません。

汗だらだらでマスクはしないでしょう。

 

さて、ここまで落ちたら、ポートフォリオは凍結です。溜息しか出ません。

新型コロナウイルスで株価が急落。このまま景気は後退するのだろうか。 - 株のメモ帳

 

先週の記事です。

新型コロナウイルスで株価が急落。このまま景気は後退するのだろうか。 - 株のメモ帳

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。