INSIGHT225

株式運用と日経平均先物の活用

2019年3月13日の経済指標と日経平均先物の値動き

【経済指標】

08:50

↘️日 1月機械受注 [前月比]
-5.4% 前回-0.1%予想-1.7%
↘️日 1月 機械受注 [前年同月比]
-2.9% 前回0.9%予想-2.3%


21:30

↘️米 2月卸売物価指数(PPI) 
0.1% 前月-0.1% 予想0.2%
→米 2月 卸売物価指数(PPI) 
1.9% 前年2.0%予想1.9%

↘️米 2月卸売物価指数(PPIコア指数) 
0.1% 前月0.3% 予想0.2%
↘️米 2月 卸売物価指数(PPIコア指数) 
2.5% 前年 2.6%予想2.6%
↗️米 1月耐久財受注
0.4% 前回1.2%予想-0.5%

 

【日経225先物の値動き】

 

f:id:nmory:20190317152759p:plain

日経225昼の動き

前日の夜間にもみ合った21240付近で寄り付き、0910には21280まで上昇。機械受注の影響は薄め。単月の機械受注はそんなもの。

その後、1000を過ぎたころから、1055まで出来高を伴った急落。21000。利益確定もあるが、1030の出来高急増はストップロスも巻き込んでいると思われる。

1130の20970をつけた後反転上昇。21115まで半値戻し。しかし、1500の現物引け後21050まで下落。難しい。

f:id:nmory:20190317152932p:plain

日経225夕方の動き0313

イブニングは一転、好調。

昼の引け値水準で寄り付き。

21130付近で2時間もみ合った後に上離れ。

耐久材受注がよかったことから、21130まで上昇。

f:id:nmory:20190317153046p:plain

日経225ダウ開場後の動き0313


03:40の100円の急落は事故を起こしたボーイング社機材のトランプ大統領による使用停止命令。

その後切り返し、結局高値圏。

21200~21220は分厚い。下抜けしたら走るかも。

そして、耐久材受注はやっぱり効く。

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。